空堀ことば塾 ~ことばを学び自ら考える力を育てる

◇クラスのスタイル

言葉はすべての学びの礎です。ことば塾は、「自由への教育」で知られるシュタイナー教育の観点にたって、学童期から思春期のこどもたちが、言葉の学びを通じて自立した人間となることを手助けします。一クラスの定員は七名。一日に幾教科も同時に学ぶ学校教育とは対照的に、季節(エポック)ごとに国語と算数・数学のそれぞれを集中して学びます(小学生は夏の自然学校で理科・社会も)。寺子屋での「囲碁」や「百人一首」の指導や、カリキュラムの中に「落語」などの古典藝能や演劇を取り入れていることもことば塾の独自性です。競争的功利的な価値観が強まる昨今、人間性を重視した全人的な教育を通じて、学力とともに、学力以上に大切なこどもたちの自信と生きる意欲を育てます。

ダウンロード
2019年度空堀ことば塾のご案内.pdf
PDFファイル 465.8 KB

◇クラスの日時(2019年度から)

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
17:30-19:00

寺子屋

エポック

(小6)

エポック

(小5)

エポック

(小4)

エポック

(小3)

19:40-21:30

寺子屋

エポック

(高校生)

エポック

(中学生) 

英語

(高校生)

英語

(中学生)

※ 教室は二階。各クラス定員七名。火~金の7時半以降は一階にて中高生の自習可能。

※ 各クラスの途中でトイレとお茶のための小休止の時間を設けます。

※ 寺子屋は自由参加の学び場。途中で「おにぎりタイム」をとります。

◇年間のスケジュール(新年度は4月8日開講)

ダウンロード
2019年度ことば塾スケジュール.pdf
PDFファイル 85.3 KB

◇小学生エポッククラス・カリキュラム

 

4~7月

(8回×2)

8月

 

9~10月

(8回×2)

1~3月

(12回)

 
 小3 国語(漢字)/算数(計算)

自然学校

作文講座

国語(精読)/算数(図形) 落語芝居  
小4 国語(漢字)/算数(計算)

自然学校

作文講座

国語(精読)/算数(図形) 落語芝居  
小5 国語(漢字)/算数(計算)

自然学校

作文講座

国語(精読)/算数(図形) 落語  
小6 国語(漢字)/算数(計算)

自然学校

作文講座

国語(精読)/算数(図形) 落語  

※ 自然学校では野外活動を交えて理科と社会を実践的に学びます。

◇中高生エポッククラス・カリキュラム

 

4~7月

(16回)

8月

 

9~12月

(16回)

1~3月

(12回)

 
 中学生 国語 演劇合宿 数学 演劇  
高校生 国語 演劇合宿 数学 演劇  

※ 国語はスローリーディング。書籍とテーマは年ごとに決めます。

※ 数学は各人の課題にそって個別に指導します。

◇中高生英語クラス・カリキュラム

 

4~7月

(16回)

8月

9~12月

(16回)

 1~3月

(12回)

 中学生 多読・多聴 英作文講座 文法 精読・音読
高校生 多読・多聴 英作文講座 構文 精読・朗読

※ 語彙・語法は一年を通じて繰り返し学びます。

※ 各エポックで用いる教材は個人の進度に応じて決めます。

◇月曜寺子屋

寺子屋では、囲碁やカルタを通じて記憶力、構想力、洞察力や直観力を磨きます。ことば塾の生徒さんだけでなく、学童保育のお子さんの参加も歓迎いたします。前半と後半の間に「おにぎりタイム」があります。月曜が祝日の場合はお休みです。

◇夏季の講座

・小学生の自然学校(三泊四日、瀬戸内か高知を検討中)

・小学生の作文講座(四日間集中、空堀)

・中高生の演劇合宿(三泊四日、三重県伊賀市上高尾)

・中高生の英作文講座(四日間集中、空堀)

◇授業料(2019年度より改訂)

授業料 小学生   10,000円/月(週1回、月4回) 

    中高生     1コマ 12,000円/月(週1回、月4回)

                                 2コマ 24,000円/月(週2回、月8回)

    夏季(8月)中、通常授業は休み。夏季講座の参加費は7月初旬にお知らせ。

    受験生を対象とする個別指導は5,000円/時間です。

その他 教材費(年間5千~1万円ほど)や検定料(英検・漢検)は実費を請求します。

 

※ 授業料に、施設利用費、水光熱費、お茶代を含む。

※ 月曜寺子屋はことば塾と学童のこどもを対象。参加費は無料です。

※ 学童保育に通う小学生、塾代助成を受けている中学生は割引致します。小学生は8,000円/月、中学生は1コマ10,000円/月となります。

※ 兄弟姉妹については、お二人目から授業料を一割引きさせていただきます。

※ 授業料は春(4~7月)、夏(8月)、秋(9~12月)、冬(1~3月)の四期(エポック)の初めにメールにてご請求の後、指定口座(三菱東京UFJ銀行)にお振込みいただきます。途中入退塾の場合は週割で計算いたします。

※ 原則、授業料の返金は致しません。エポック開始時に授業料のご請求をしますが、ご請求後ひと月滞納された場合、その時点からお支払いいただくまで休塾となります。

※ 個人的な理由での欠席は極力避けてください。正当な理由がある欠席の場合、原則として別日に補習をさせていただきますが、無断欠席については補習を行いません。

※ ことば塾は大阪市塾代助成事業に参画しており、条件を満たし利用者登録をされた中学生に対しては、月額上限1万円の教育補助が支給されます(http://www.juku-osaka.com/)。

※ 体験授業は一週間。入塾の場合、体験時の授業料をお支払いいただきます。

◇入塾までの流れ

まずは、本サイトのお問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。保護者との面談の後(高校生は本人と面談)、一週間の体験授業を経て、入塾の可否を相互に検討します。

※ 面談においては、お子様の氏名、連絡先をお知らせいただきます。

※ 入塾に際しては、個人情報へのご記入と入塾規約へのご署名をお願いします。

◇講師

塙 狼星(はなわろうせい)

京都大学理学部卒。京都大学理学博士(人類学)。2004年より大阪のことばの家でアントロポゾフィー(人智学)と言語造形を学ぶ。2006年に空堀ことば塾を立ち上げ、以来、ことばの教育と言語造形の公演に取り組む。アウディオペーデ主催の第六期シュタイナー教員養成講座に参加。非営利一般社団法人アントロコミュ代表。大阪在住。

ダウンロード
大阪ガス今昔フォーラムvol9 (塙).pdf
PDFファイル 5.0 MB

◇教材

小学生はオリジナルな教材を使用し、中高生はオリジナルな教材と市販教材を並用します。

◇検定

今年度から、英検、漢検、数検の受験は必修ではなくなりました。受験を希望する人には、教材をお渡しするかお持ちの教材を使って、月曜寺子屋の時間に指導します。

◇定期試験

中高生は、年五回の定期試験の前後一週間を試験の準備と復習にあてます。定期試験の結果は学校での授業内容の理解度や勉強への取り組み方のひとつの指標と捉え、各人の学習の指導にフィードバックします。

◇夏季の講座

夏休みの8月中、通常のクラスはお休みですが、小学生向けに「自然学校」(お盆前)と「作文講座」を、中高生向けに「演劇合宿」(お盆あと)と「英作講座」を開きます。夏季の講座の日程は年度初めに、内容は7月初旬にお伝えします。

◇懇談

8月第1週、12月第5週に、小学生はクラス懇談、中高生は希望者を対象に個人懇談を行います。いずれも保護者向けです。

◇教育相談(要予約)

希望者に対し、平日や土曜午後の空き時間に、保護者の教育相談を承ります。