からほりクラス ~自ら考える力を育てる

葉はすべての学びの礎です。ことば塾は、「自由への教育」で知られるシュタイナー教育の観点にたって、言葉を学ぶことで、こどもたちが自ら考え行動できる人間となることを手助けします。

◇本年度授業について

新型コロナの感染拡大にともなう緊急事態宣言が解除されました。4から5月まではネットで授業を行ってきましたが、6月1日(月)からは、「国語クラス」は教室での対面授業を、「個別クラス」はズームによるネット授業となります。国語クラスでは、①手洗いと除菌、②マスクとシールド、③換気、④超音波加湿器の稼動により、感染予防対策を講じます。お問合せと体験のお申込みは「お問合せフォーム」からお願いします。

◇クラスの日時(2020年度)

  火    水   木   金  
17:30-19:00

国語小5

国語小6

国語小4

国語小3

土曜クラス

19:30-21:30

国語高校

国語中学

個別

個別

※ 「国語クラス」は教室で対面授業、「個別クラス」はネット授業。

※ 各クラスの途中でトイレとお茶のための小休止の時間を設けます。

※ 月曜は予備日。土曜日午後と日曜日は社団法人空堀アントロコミュの活動日。

※ 9月からの土曜クラスは隔週月二回の予定。

◇年間の活動日

4月14日開講。一クラスは週に一度、月に四週。原則、祝日も授業あり。

◇国語クラス(小中高)

対面授業を行う集団クラスです。小学生(学年別)、中学生(複式)、高校生(複式)とも、年齢ごと季節(エポック)ごとのテーマに沿って、頭だけでなく心と体を働かせて「芸術的」に課題に取り組み、自らの人生の軸となる国語力を身に着けることを目標とします。「作文・小論文」のエポックでは、年齢に応じた多様なジャンルの文章を書くことで言語表現の技法を、「サマープログラム」では、野外での理科や社会のワークショップを通じて観察し、対話し、考え、表現する力を、「精読」では、古事記や萬葉集などの古典から現代の科学書や哲学書まで、一冊の本をスローリーディングしながら深く読解する力を、そして、「落語・演劇」では、言語を声として身体的に表現することで総合的な国語力を育てます。このほか、古来の琴棋書画ではないですが、日本人としての教養と土地と結ばれた共同性を培うべく、「漢字と書写」「かるた(いろはかるたや百人一首)」「囲碁」に定期的に取り組みます。

 

小学生

漢字

作文

サマプロ 

かるた

精読

囲碁

落語

中学生

漢字

作文

サマプロ 

かるた

精読

囲碁

演劇

高校生

小論文 

サマプロ 

精読

演劇

◇個別クラス(小中高)

ズームで個別授業を行うクラスです。対象とする科目は、主として、算数・数学、英語、国語です。受験(中高大)準備、検定(英検、数検、漢検)準備、補習や学習支援を必要とするお子様を対象とする自由度の高いクラスです。受講生の気質と性格、学習の習熟度や目的に応じて個別のスケジュールを立て、教材を選び、基礎から応用まで丁寧に指導します。クラスの定員は3名。一年を単位とせず、教科やテーマに応じて受講期間を定めます。まずは、ご相談ください。なお、夏季は8月後半に集中講座を開催します。

◇土曜クラス(小学1・2年生)

2020年度9月から再始動する予定です。シュタイナー学校のエポック授業に習い、手遊び、詩や歌を交えたリズミック・アクティビティ、水彩やフィルメン線描などのワークを交えたメイン・レッスン(主として漢字、かな、数、四則演算をテーマに)、メルヘンや聖人伝の素話という流れの中で、感覚と感情を働かせ、生き生きと想像する力を育てます。急がば回れ。自主と自由を目指すシュタイナー教育では、反抗期(ルビコン)前の低学年の時期、知育や早期教育などの頭の教育ではなく、ファンタジーを通じた心の教育に力を注ぐことで、人間性の礎を築きます。

◇夏季講座(7~8月)

八月第二週‥小学生のサマープログラム(三泊四日、瀬戸内離島、法人主催)

八月第三週‥中高生のサマープログラム(三泊四日、伊賀上高尾、法人主催)

八月第四週‥個別クラスの夏季集中講座(四回、空堀ことば塾)

・八月第四週‥小学生の「読書感想文」講座(四回、空堀ことば塾)

※ 八月一日(土曜日)に親子向けの「読書感想文体験講座&教育相談会」(無料)を、八月後半に小学生向けの「読書感想文&工作教室」(有料)を開催します。

◇授業料(改訂)

入塾金 一律 10,000円

授業料 国語クラス(定員7名) 

         週1月4回 10,000円

                個別クラス (小1:2 中高1:3) 

         週1月4回  12,000円 

※   正規授業 時間外に一対一の完全個別指導を行う場合の受講料は5,000円/時間。

※ 授業料に、施設利用費、水光熱費、お茶代を含む。

※ 各クラスの教材費(年間5千~1万円)や検定料(英検・漢検)は実費を請求します。

※ 兄弟姉妹については、お二人目から授業料を一割引きさせていただきます。

※ 授業料は春(4~7月、16週)、夏(8月)、秋(9~12月、16週)、冬(1~3月、12週)の四期(エポック)の初めにメールにてご請求の後、指定口座(三菱東京UFJ銀行)にお振込みいただきます。途中入退塾の場合は週割で計算いたします。

※ 原則、授業料の返金は致しません。エポック開始時に授業料のご請求をしますが、請求後ひと月滞納された場合、その時点からお支払いいただくまで休塾となります。

※ 個人的な理由での欠席は極力避けてください。国語クラスの補習は行いません。個別クラスについては、正当な理由がある欠席の場合、原則として別日(第一土曜)に補習をご相談させていただきますが、無断欠席については補習を行いません。

※ ことば塾は大阪市塾代助成事業に参画しており、条件を満たし利用者登録をされた中学生に対しては、月額上限1万円の教育補助が支給されます(http://www.juku-osaka.com/)。

※ 体験授業は一週間。入塾の場合、体験時の授業料をお支払いいただきます。

◇入塾までの流れ

まずは、本サイトのお問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。保護者との面談の後(高校生は本人と面談)、一週間の体験授業を経て、入塾の可否を相互に検討します。

※ 面談においては、お子様の氏名、連絡先をお知らせいただきます。

※ 入塾に際しては、個人情報へのご記入と入塾規約へのご署名をお願いします。

◇講師

塙 狼星(はなわろうせい、空堀ことば塾主宰)

◇教材

オリジナルな教材と市販教材を並用します。

◇検定

英検、漢検、数検の受験は必修ではありません。受験を希望する人は、個別クラスにてご指導します。

◇定期試験

中高生は、年五回の定期試験の前後一週間を試験の準備と復習にあてます。定期試験の結果は学校での授業内容の理解度や勉強への取り組み方のひとつの指標と捉え、各人の学習の指導にフィードバックします。

◇懇談

8月と2月に、小学生はクラス懇談、中高生は希望者を対象に個人懇談を行います。いずれも保護者向けです。