アントロ教育部~大人のための人智学の学びの場

◇シュタイナーベーシック講座

2019年4月から、座学とアートワークを軸とした大人のためのカジュアルな学びの場を開講します。シュタイナーと人智学の初心者を対象とする年11回の連続講座です。身体と頭をバランスよく使った楽しい講座です。

 

日時: 毎月第三日曜 午前10時~午後4時半 (その後、希望者と懇親会)

場所: 大阪市立天王寺区民センター チャレンジスペース(一部、和室)

参加費: チラシをご覧ください。

お問合せ・お申込み: info@karahori.jpまたはお問い合わせフォームから

ダウンロード
シュタイナーベーシック講座(改).pdf
PDFファイル 963.6 KB

◇アントロポゾフィー公開講座

外部講師をお呼びして、シュタイナー(ワルドルフ)教育、それを基礎づける人智学(アントロポゾフィー)を学ぶ不定期の講座です。

 

日時: 不定期。主として土曜の夕方

場所: 大阪市区民センター

参加費: 各講座のチラシをご覧ください。事前申し込みは1割引きさせていただきます。高校生以下は無料です。

お問い合わせ・お申込み: info@karahori.jpまたはお問い合わせフォームから

ダウンロード
第八回アントロ講座(山口)ご案内.pdf
PDFファイル 305.0 KB

◆これまで開催した講座のチラシ

 

ダウンロード
第七回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 559.8 KB
ダウンロード
第六回アントロ講座(岩橋氏).pdf
PDFファイル 176.7 KB
ダウンロード
第五回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 593.4 KB
ダウンロード
第四回アントロ講座(森氏).pdf
PDFファイル 297.3 KB
ダウンロード
第三回アントロ講座改(石川氏).pdf
PDFファイル 173.3 KB
ダウンロード
第二回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 580.4 KB
ダウンロード
第1回アントロ講座.pdf
PDFファイル 287.2 KB

◇『普遍人間学』の勉強会

2013年に出版されたR.シュタイナー著、鈴木一博氏訳の『教育の基としての普遍人間学』(Allgemeine Menschenkunde als Grundlage der Padagogik, Rudolf Steiner, Rudolf Steiner Taschenbuch)を用いた、大人のためのスローリーディングの時間です。ワルドルフ教育の原点となったR・シュタイナーによる1919年のシュツットガルトでの教員向けの講演記録を声に出して読みながら、シュタイナーの人間観や教育観を学び、併せて、参加者同士の対話を通じて私たち自身の教育課題を意識化していきます。そして、ひとつきの眠りを通じてシュタイナーが描こうとした像を明瞭にしていきます。普遍人間学に関心をお持ちのすべての方に開かれた場ですが、特に、子育てでお悩みの方、公私を問わず教育に携わる方、将来公教育の教員を目指す大学生や大学院生の参加を歓迎いたします。

日時: 原則毎月第一土曜日(4月から第四土曜の予定) 午後1時半~3時半

場所: 空堀アントロコミュ社屋二階

ファシリテイター: 塙 狼星

参加費: おひとり1,000円(学生、および法人社員は500円)

連絡先:info@karahori.jpまたはお問い合わせフォームから

※ 2018年度は、5/12, 6/2, 7/14, 9/8, 10/13, 11/10, 12/8, 1/12, 2/9, 3/9(休)

※ 都合で日程を変更する場合があるため、初めてご参加の場合はお問合せください。

※『普遍人間学』は、鈴木一博さんの訳以外に、高橋巌さん、新田義之さん、森章吾さんの訳があります。お手持ちの書籍で該当箇所を事前にご一読することをお勧めします。

※「anthro教育部」というライングループで、開催日時や内容について参加者の間で情報を共有しています。ご関心をお持ちの方は、ご参加ください。

◇『神秘劇』の勉強会

『人生の危機と劇的緊張~ルドルフ・シュタイナーの神秘劇への導入』(ミヒャエラ・デーブス著、香川裕子訳)を導き手として、R.シュタイナーの『神秘劇』を実際に声を出して演じながら、アントロポゾフィー(人類の叡智)を学びます。

日時: 原則毎月第三土曜日午後3時~4時半(2019年4月から)

場所: 空堀アントロコミュ社屋二階

ファシリテイター: 塙 狼星

参加費: おひとり1,000円(学生、および法人社員は500円)2018年度内は無償

連絡先: 連絡先:info@karahori.jpまたはお問い合わせフォームから

※ 4/20, 5/18, 6/15, 7/20, (8月休み), 9/21, 10/19, 11/16, 12/14, 1/18, 2/15, 3/14

※ 年末にはシュタイナーの降誕劇に取り組みます。