アントロ教育部~ことばを通して人智学を学ぶ

◇『普遍人間学』の勉強会

2013年に出版されたR.シュタイナー著、鈴木一博氏訳の『教育の基としての普遍人間学』(Allgemeine Menschenkunde als Grundlage der Padagogik, Rudolf Steiner, Rudolf Steiner Taschenbuch)を用いた、大人のためのスローリーディングの時間です。ワルドルフ教育の原点となったR・シュタイナーによる1919年のシュツットガルトでの教員向けの講演記録を底本に、シュタイナーの人間観や教育観を探り、併せて、参加者同士の対話を通じて私たち自身の教育課題を意識化していきます。普遍人間学に関心をお持ちのすべての方に開かれた場ですが、特に、子育てでお悩みの方、公私を問わず教育に携わる方、将来公教育の教員を目指す大学生や大学院生の参加を歓迎いたします。

日時: 原則毎月第二土曜日 午後2時~4時

場所: 空堀アントロコミュ社屋二階

講師: 塙 狼星

参加費: おひとり1,000円(学生、および法人社員は500円)

連絡先:info@karahori.jpまたはお問い合わせフォームから

※ 2018年度は、5/12, 6/2(第一土曜), 7/14, 9/8, 10/13, 11/10, 12/8, 1/12, 2/9, 3/9

※ 都合で日程を変更する場合があるため、初めてご参加される場合は、あらかじめお問合せください。

※『普遍人間学』は、鈴木一博さんの訳以外に、高橋巌さん、新田義之さん、森章吾さんの訳があります。お手持ちの書籍で結構ですので、該当箇所を事前にご一読することをお勧めします。

※「anthro教育部」というライングループで、開催日時や内容について参加者の間で情報を共有しています。ご関心をお持ちの方は、ご参加ください。

◇ことばのワークショップ(出張講座)

「太初(はじめ)に言(ことば)あり、言は神と偕(とも)にあり、言は神なりき。この言は太初に神とともに在り、万の物これに由りて成り、成りたる物に一つとして之によらで成りたるはなし。之に生命(いのち)あり、この生命は人の光なりき。光は暗黒(くらき)に照る、而して暗黒は之を悟らざりき。」(「ヨハネ伝福音書第一章」『文語訳新約聖書』岩波文庫)。聖書のはじめに述べられているように、言葉は光。充実した人生を送り、こどもたちを健やかに育てていく上で、わたしたちはまず、自らの魂を働かせて世界を感じ、深い呼吸の中で明朗に声を響かせることが大切です。このワークショップでは、言葉を読んで頭で理解するのではなく、ルドルフ・シュタイナーが創った言葉による表現技法、「言語造形(Sprachgestaltung)」を道標に、メルヘン、古典や文学作品を声に出し、細やかに観察しながら、自らの言葉を自然(あるがまま)の姿に彫琢します。声は人間の鏡。言葉を発しながら自らに向き合い、秘められた人生の課題を探っていきます。出張講座ですので、場所や日時、回数、参加費については、個別にご相談ください。少人数から承ります。

講師: 塙 狼星

お問合せ: 問い合わせフォームから

◇アントロポゾフィー公開講座

外部講師をお呼びして、シュタイナー(ワルドルフ)教育、それを基礎づける人智学(アントロポゾフィー)を学ぶ不定期の講座です。

 

日時: 不定期。主として土曜の夕方

場所: 大阪市区民センター

参加費: 各講座のチラシをご覧ください。事前申し込みは1割引きさせていただきます。高校生以下は無料です。

お問い合わせ・お申込み: info@karahori.jpまたはお問い合わせフォームから

 

・第八回 18年11月 大阪市天王寺区民センター・チャレンジスペース 『シュタイナー教育入門②~生きる力を育てる』(企画中)

 講師 志賀くにみつ氏

 

ダウンロード
第七回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 559.8 KB
ダウンロード
第六回アントロ講座(岩橋氏).pdf
PDFファイル 176.7 KB
ダウンロード
第五回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 593.4 KB
ダウンロード
第四回アントロ講座(森氏).pdf
PDFファイル 297.3 KB
ダウンロード
第三回アントロ講座改(石川氏).pdf
PDFファイル 173.3 KB
ダウンロード
第二回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 580.4 KB
ダウンロード
第1回アントロ講座.pdf
PDFファイル 287.2 KB