アントロ教育部~こどもとともに大人が育つ

◇『普遍人間学』を読む

2013年に出版されたR.シュタイナー著、鈴木一博氏訳の『教育の基としての普遍人間学』を用いた、大人のためのスローリーディングの時間です。ワルドルフ教育の原点となったR・シュタイナーによる1919年のシュツットガルトでの教員向けの講演記録を底本に、シュタイナーの人間観や教育観を探り、併せて、参加者同士が対話しながら私たちの生活を振り返り、具体的な教育課題について考えていきます。普遍人間学に関心をお持ちのすべての方に開かれた場所ですが、特に、子育て中の方のご参加を歓迎いたします。

日時: 毎月第四木曜日 午前10時~12時 

場所: 空堀アントロコミュ社屋二階

ファシリテイター: 塙 狼星

参加費: 1,000円(資料代込)

連絡先:info@karahori.jp 050-1718-4174(塙)、またはお問い合わせフォームから

※勉強会のあと、昼食の時間を設けますので、お時間がある方はご参加ください。にぎりめしと汁物、お茶はこちらで用意いたしますので、おかずをご持参ください。

※ 都合で日程を変更する場合があるため、初めてご参加される場合は、メールか電話でお問合せください。

※ 『普遍人間学』は、鈴木一博さんの訳以外に、高橋巌さん、新田義之さん、森章吾さんの訳があります。お手持ちの書籍で結構ですので、該当箇所を事前にご一読することをお勧めします。

※ 「anthro教育部」というライングループで、開催日時や内容について参加者の間で情報を共有しています。ご関心をお持ちの方は、ご参加ください。

◇文学を言葉で造形する

「はじめに言葉ありき」。言語造形(Sprachgestaltung)は、ルドルフ・シュタイナーが創った言葉による表現技法であり芸術です。こどもたちが他者の言葉に耳を澄ませ、豊かな感受性と想像力を身に着けるには、おとながまず、自らの魂で世界を感じ(fullen)、深い呼吸の中で明朗に声を響かせることがなにより大切です。参加者ひとりひとりが自分にとってかけがえのないメルヘン、古典や文学作品を声に出すことで、わたしたちは大きな〈わたし〉に出会うことができます。

日時: 毎月第四木曜日 午後2時~午後3時半

場所: 空堀アントロコミュ社屋二階

ファシリテイター: 塙 狼星

参加費: おひとり1,000円

お問合せ・お申込み: info@karahori.jp 050-1718-4174(塙)またはお問い合わせフォームから

◇アントロポゾフィー公開講座

外部講師をお呼びして、シュタイナー(ワルドルフ)教育、それを基礎づける人智学(アントロポゾフィー)を学ぶ講座・WSです。

・17年度第一回 7月1日(土)17時半~19時半 大阪市中央区民センター(先着20名)

 『アントロポゾフィー的自然認識の基礎~「ゲーテ的世界観の認識論要綱」をめぐって』 

 講師 森 章吾氏

・17年度第二回 10月21日(土)17時半~19時半 大阪市中央会館(先着20名)

 『教育でとても大事なこと~シュタイナー幼児・児童教育の特徴』  

 講師 志賀くにみつ氏 

・17年度第三回 11月26日(日)13時~16時半 大阪市天王寺区民センター(先着20名)

 『自然の中の幾何学~フォルムにあるエナジー~』 

 講師 石川華代氏

・17年度第四回 12月23日(土) 17時半~19時半 大阪市中央会館(先着20名)

 『アントロポゾフィー的考え方の基礎~「ゲーテ的世界観の認識論要綱」から「自由の哲学」へ』

 講師 森 章吾氏

日時: 不定期。主として土曜の夕方

場所: 大阪市区民センター

参加費: 各講座のチラシをご覧ください。事前申し込みは1割引きさせていただきます。高校生以下は無料です。

お問い合わせ・お申込み: info@karahori.jp 050-1428-0855(塙)またはお問い合わせフォームから

ダウンロード
第四回アントロ講座(森氏).pdf
PDFファイル 297.3 KB
ダウンロード
第三回アントロ講座改(石川氏).pdf
PDFファイル 173.3 KB
ダウンロード
第二回アントロ講座(志賀氏).pdf
PDFファイル 580.4 KB
ダウンロード
第1回アントロ講座.pdf
PDFファイル 287.2 KB