空堀ことば塾~こどもの自信と人間性を育てる

◇クラスのスタイル エポック・対等・伝統文化

 空堀ことば塾の最大の特徴は自由な気風にあります。ひとりひとりのかけがえのない個性に重きを置くことば塾の空間は、困難な時代を生きるこどもたちにとってのいわばアジール(避難所)であり、また自主的な学びの場です。空堀ことば塾は、こどもたちが国語、英語、数学の学習を通じて、豊かな感受性と深い思考力を身に着け、自らの才能と長所を意識し、未来に向かってしっかりと歩いていける人間となるための手助けをします。これは、「自由への教育」として知られるシュタイナー(ワルドルフ)教育の中心的な課題であり、また、2020年の大学入試改革以降に期待される新しい人間像でもあります。

 空堀ことば塾のカリキュラムは、過去10年の教育実践を通じて培ってきたユニークなものです。シュタイナー教育の「エポック授業」にならい、一年を季節ごとに四エポックに分け、個々のエポックごとの課題に目的意識をもって取り組みます。先生と生徒との間には、ひとりの人間として対等な関係を築きます。対等で双方向的なコミュニケーションの中でこそ、学ぶことの喜びや意欲は生まれます。さらに、「落語」「百人一首」「囲碁」といった日本の伝統文化を実技を通じて学ことが空堀ことば塾の独自性です。体と心を通じて伝統文化に接することで、こどもたちは意志を強め、人と人の絆を深め、自信を育むことができるのです。

ダウンロード
空堀ことば塾チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 199.9 KB
ダウンロード
夏期講習と入塾説明会のご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 127.5 KB

◇クラスの日時

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
17:30-19:00

国語クラス

(小3・4年)

国語クラス

(小5・6年)

算数・数学

寺子屋

(囲碁)

英語クラス

(小3・4年)

英語クラス

(小5・6年)

19:30-21:20

国語クラス

(高校生)

国語クラス

(中学生)

英語クラス

(高校生)

英語クラス

(中学生)

※ 教室は二階。月~金の17:00~21:30、一階にて中高生の自習可能です。

※ 「算数・数学寺子屋」では小学生~高校生まで各人が個別課題を学習します。

※ 寺子屋受講者には囲碁を指導し、関西棋院、日本棋院が主催する囲碁大会へ参加を促します。

◇年間のスケジュール

ダウンロード
2017年度ことば塾年間スケジュール.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 57.5 KB

◇国語カリキュラム

  小学生 中学生 高校生
春エポック 漢字 漢字 漢字
夏エポック 作文 創作 小論文
秋エポック 多読・暗唱 哲学

哲学

冬エポック 芸能・古典 演劇

古典精読

※ 「作文」「創作」「小論文」ではマインドマップを活用します。

※ 中学生の「哲学」では池田晶子さんの『14歳からの哲学』のスローリーディングを、高校生の「哲学」ではテーマを立てアクティブラーニングを行います。

※ 「芸能・古典」では落語と百人一首に取り組みます。

※ 「演劇」では自分たちが書いた脚本を使います。

◇英語カリキュラム

  小学生 中学生 高校生
春エポック 絵本・文字 多読・語彙 音読・語彙
夏エポック 絵本・音韻 多読・文法 文法・構文
秋エポック 絵本・リテリング 多読・多聴 精読・翻訳
冬エポック 絵本・リーディング 多読・音読 シャドウイング

※ 小学生は、文字理解、音韻認識、フォニックスなどのリテラシー教育に力をいれます。

◇定員と募集状況

   小学生クラス(国・英4クラス各定員5名)      募集中
   中学生クラス(国・英クラス定員5名)      募集中
   高校生クラス(国・英クラス定員5名)

     残り1名

 

◇授業料

設備費 5,000円/年(水光熱費、設備の維持・管理費に充当)

授業料 

 小学生   6,000円/月4回・単科 12,000円/月8回・2科目

 中高生 20,000円/月8回・2科目

※ 算数・数学寺子屋は今年度無償。希望者は自由にご参加ください。

※ 兄弟姉妹については、授業料を一割引きさせていただきます。

※ 賛助会員費は年度初め(年度途中からのご入塾の場合は入塾時)に、授業料は各エポック(三か月12週)の初めにご請求の後、指定口座(三菱東京UFJ銀行)にお振込みいただきます。

※ 原則、授業料の返金は致しません。個人のご都合でお休みになる場合、振替をご相談ください。授業料を三か月滞納された場合、退塾とさせていただきます。

※ ことば塾は大阪市塾代助成事業に参画しており、条件を満たし利用者登録をされた中学生に対しては、月額上限1万円の教育補助が支給されます(http://www.juku-osaka.com/)。

※ 教材費、資料代、検定料(受験する場合)は別途ご請求致します。

※ 体験授業は一週間。入塾の場合、体験時の授業料をお支払いいただきます。

◇入塾までの流れ

まずは、本サイトのお問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。保護者との面談の後(高校生は本人と面談)、一週間の体験授業を経て、入塾をご検討いただきます。

※ 面談においては、お子様の氏名、連絡先をお知らせいただきます。

※ 入塾に際しては、個人情報へのご記入と入塾規約へのご署名をお願いします。

◇講師

塙 狼星(はなわろうせい、国語・英語クラスを担当)

桂田紗希(かつらださき、算数・数学寺子屋を担当)

◇教材

国語についてはオリジナルな教材を使用。小学生の国語では、『理想の国語教科書』(斉藤孝著、文藝春秋社)と『声に出して読みたい日本語』(斉藤孝著、草思社)を読本として使用。そのほかの科目については、生徒の学習状況に応じて、適切な学校教材、市販教材を利用します。

◇検定

言葉の基礎学力と学習意欲を高めることを目的に、毎年、春(6月)に漢検、秋(1011月)に英検受験をお勧めしています。各検定において一定以上の人数が揃う場合、団体会場としてことば塾(アントロコミュ社屋)を使用します。漢検は、中学で3級(準2級)、高校で2級(準1級)、英検は、中学で3級(準2級)、高校で2級(準1級)の取得を目指します(小学生の受験は任意)。

◇定期試験対策

中高生については、苦手科目を中心に、定期試験前に指導致します。定期試験後は、すべての試験をチェックして、弱点を意識化し、丁寧な解説と親身な助言により苦手意識を払しょくしていきます。

◇講習

夏休み中の8月初旬に、小学生向けの「作文」「自由研究」、高校生向けの「数学基礎」「英語リーディング」の講習を、センター試験後の1~2月には、大学後期試験受験者向けの「小論文・面接演習講座(個別)」を開きます。

◇懇談

希望者を対象に、8月第一週、12月第五週に三者懇談を行います。