シュタイナー土曜クラス~教育芸術でこころを育てる

◇クラスのスタイル

小学生を対象に、三学年複式のクラスで、途中休憩を挟む100分のエポック授業形式(一定期間、同一テーマに集中して取り組むスタイル)で行います。エポックは、春(4月~6月)、夏(7月~9月)、秋(10月~12月)、冬(1月~3月)の四回。クラスの授業においては、呼吸を整え、手足と感覚をフルに使い、声を出し、課題を通じて心を動かし、授業のまとめとしてノートを丁寧に仕上げることに取り組みます。その後、次の授業までの間に、学んだ内容をゆっくりと眠らせます。この目覚めと眠りの交代というリズムを繰り返すことで、こどもたちの心を耕していきます。

 

◇クラスの日時

◇空堀シュタイナー土曜クラス

毎月第2土曜日(4/8,5/13,6/10,7/8,9/9,10/14,11/11,12/9,1/13,2/10,3/10)

1-3年生クラス 10:00-12:00

4-6年生クラス 13:30-15:30 (4月のみ4/15に振替

◇帝塚山シュタイナー土曜クラス

毎月第4土曜日(4/22,5/27,6/24,7/22,9/23,1028,11/25,12/9,1/27,2/24,3/10)

1-3年生クラス 10:00-12:00

4-6年生クラス 13:30-15:30

※ 体験随時。体験時のみ保護者の見学可。体験授業のあと保護者と面談。

※ 日付太字は各エポックのクラス懇談日。

※ 12/9(土)はアドベント、3/10(土)は発表会を、空堀と帝塚山合同で行います。

      いずれも別会場で行う予定で、会場使用料を別途請求させていただきます。

 

◇定員と募集状況(2017年6月1日現在)

空堀低学年クラス(定員6)      あと3名
空堀高学年クラス(定員6)      あと2名
帝塚山低学年クラス(定員6)      あと2名
帝塚山高学年クラス(定員6)      あと1名  

◇授業料

参加費 2,500円/回 

教材費、おやつ代および施設利用料 500円/回

※ 入塾金と授業料は、原則としてエポックの回数分の参加費と教材費を、各エポック前に指定の月謝袋をお渡しし、一回目に手渡しで頂戴致します。原則、授業料の返金は致しません。ただし、土曜学校など事前にお知らせいただければ、別日や別時間への振替など調整させていただきます。クラス担任とご相談ください。ご理解をよろしくお願い致します。

※ 体験授業は3,000円/回です。

 

◇入塾までの流れ

まずは、本サイトのお問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。保護者との面談の後、お子様のご体験と保護者へのご説明を経て、入塾のご判断をいただきます。

※ 面談においては、お子様と保護者の氏名、連絡先をお尋ねします。

※ クラスにご参加される際に、連絡を目的とした個人情報の記入をお願いします。

 

◇講師プロフィール

◇武内ゆかり(たけうち ゆかり、低学年クラス担当)

古楽声楽を学びつつ、音楽教育、療育に携わる。一般社団法人アウディオペーデ(聴く器官の養成)養成、教育コース修了  第8期シュタイナー教育教員養成講座修了  和歌山シュタイナー学校音楽教師、上智大学卒業

◇塙 狼星(はなわ ろうせい、高学年クラス担当)

1963年7月19日生まれ。京都大学理学博士(人類学、アフリカ研究)。2004年よりことばの家の諏訪耕志氏のもとでアントロポゾフィー(人智学)と言語造形を学ぶ。2006年11月に大阪市中央区谷町において空堀ことば塾を立ち上げる。2012年アウディオペーデ・シュタイナー教育教員養成講座第6期修了。2014年8月に人智学に基づく教育と芸術の実践を目的とする一般社団法人空堀アントロコミュを設立。代表理事。

 

◇教材

授業ノート用B4版画帳、蜜蝋クレヨン、水彩用ワトソン紙、水彩画ファイル、シュトックマー社水彩絵の具、フォルメン線描用画帳、LYRA社色鉛筆、黒鉛筆、消しゴム、鉛筆削りなど。

※ 教材費を充当。

 

◇おやつ

食農教育の一環として、授業途中の休憩時間に「おにぎりタイム」を設定し、みんなでおにぎりをいただきます。お米は、交流を続けている伊賀・上高尾の源流米(三重ノ海)や、上高尾でつくられた自然栽培の米などを使用。法人のイベントでは、春に味噌作り、年末のクリスマス会では餅つきを行います。

 

◇クラス懇談

各エポックの最終授業の後にクラス懇談を行います(秋エポック、冬エポックは、それぞれ最終回にアドベント、発表会を行うため、懇談は二回目に行います)。懇談会に参加していただくことで、教師と保護者の相互の信頼感を強め、こどもたちの教育に良い影響を与えることができます。原則、ご参加をお願いします。

 

◇季節のイベント

空堀アントロコミュは夏にサマープログラム(7/29-31)、冬にクリスマス会(12/23)を主催します。また、三重県伊賀市上高尾地区でふるさとづくり上高尾の会が主催する米作り(田植え、案山子づくり、草取り、蛍狩り、稲刈り、収穫祭)や市内で予定している菜園の作業にもお誘いします。

 

◇保護者の勉強会

シュタイナー土曜クラスの保護者、および、人智学、シュタイナー教育に関心をもつ方とともに、毎月第四木曜の午前に空堀で勉強会を開いています。『普遍人間学-教育の基として』(R.シュタイナー著、鈴木一博訳、榛書房)を底本として、人智学の観点にたった教育と医療の在り方について学んでいきます。

 

◇入塾者への願い

本科教室は、学校や従来の進学塾と異なる第三の教育の場です。地域の伝統文化や芸能を積極的に取り入れ、知情意のバランスのとれた全人的な心の教育を目指しています。このような趣旨にご賛同いただける方の入塾を希望致します。

それぞれの年齢に相応しい課題に取り組むとき、子どもたちの瞳は輝き出し、心は生き生きとします。シュタイナー土曜クラスでは、講師が得意とする分野を軸に、大阪の大地で育つ子どもたちのためのシュタイナー教育を届けます。